ご応募・お問合せはこちら

仕事内容と働く環境 仕事内容と働く環境

最新設備を備えたクリーンな環境です

職種の紹介(設計・製造・技術)

佐藤精密では、「営業課」「設計課」「製造課」「技術課」の4つの課があります。
それぞれの仕事内容を紹介します。

仕事の流れ

おおまかな仕事の流れを紹介します。

 

icon_flow011.営業

既存のお客様や、新規開拓先(展示会などで得たお客様)からご注文いただきます。
顧客は主に、鋳造メーカ、自動車部品メーカ、バイク部品メーカ、電機メーカ様になります。

2.設計

お見積り後、受注製品の具体的な打ち合わせをします。
素材図検討、PL 面検討、取数、鋳造機仕様、冷却、ランナー・ゲート、オーバーフロー方案、その他付帯設備(集中冷却・チルベント・真空装置等)を製品形状・取数に応じて、歩留まり率の良い、金型設計をご提案いたします。

3.設計・技術=生産準備 CAD/CAM/CAE

ここでは、金型の図面、3D モデルの作成、そして金型を機械加工するためのプログラムを作成しています。現在の金型づくりの現場では、NC 加工による省人化が進み、人の手はこの設計工程に集中しています。早く加工を開始するためには、生産準備にあたるプログラム工程が重要であり、短納期の鍵であると言えるでしょう。

4.加工=高精度機械加工 CAD/CAM

技術工程で作成したプログラムを使用し、金属を金型に加工します。
作業効率を追求した最適なレイアウトと、バランス良い豊富な設備力が当社の特徴です。
金型本体や部品の製作はもちろん、金型の改造、修理に対応すべく、マシニングセンターや放電加工機など多くの機械を備え、幅広い製作加工の要望にこたえています。

5.検査

3D モデルとの比較測定により、複雑な形状に対しても、安定した品質を保証しています。

6.仕上・組立

加工された金型本体と部品を組付け、調整を行う最終工程です。
ゆとりのあるスペースに設備を機能的に配置し、安全でクリーンな空間を金型のために用意しています。仕上がりの品質安定、安全かつスピーディーな組付けを図るため、作業の標準化が徹底されています。

7.納品

多くの金型部品のうち、一つでも手元にそろわなければ金型を組み上げることはできないため、各種部品が期日に全て揃うように日程管理を徹底し、納期の遵守に努めています。

設計課の仕事

【主に金型設計と購買】

金型構造や湯道方案を設計検討し、CADを使って金型図面を製作したり、部品の設計や発注も担います。

  • お客さまからいただいた2D・3Dデータをもとに、構想図を作図し、承認後、3次元設計CADを用いて金型図面を製作
  • 金型に付随するピンなどの部品も設計、発注
  • 発注した部品などの受入検査

environment_img_09

技術課の仕事

【主に製品モデリング、加工プログラム作成、流動解析】

製品モデルを作り、それを金型モデルにして、金型や電極(グラファイト)加工用のプログラムを製作、流動解析までを担います。

  • 設計課が決めた構造を元に製品部の金型モデルを製作
  • 加工プログラムを作成

environment_img_10

製造課の仕事

【主に加工、検査、組立】

加工プログラムを用い金型加工を行います。また電極加工や放電加工を行い部品を完成させ、その後、加工されたものを仕上げして検査。検査後、組立し、合わせ確認を行い、出荷前までを担います。

  • 加工プログラムを用いたNC加工、グラファイト加工などの電極加工
  • 電極加工や放電加工で精密な切削や穴あけなどの加工
  • 研磨・仕上げ
  • 検査→仮組立→合わせ確認→組み立て→出荷

営業課

【主に受注、打合せ、新規開拓、展示会出展、講習会参加、納品】

新入社員は上記3つの課のいずれかに配属されますが、一通りの専門知識や技術を身につけて、お客様の疑問に答え、ご提案ができるようになったその先のキャリアパスとして、受注から、打合せ、ご提案、納品、公設試と研究開発での参画、展示会に出展、新規開拓、講習会参加を担う営業課での仕事もあります。
営業といっても飛び込み営業はなく、既存顧客からの新規案件や、お問合せのあった新規顧客へのご提案業務が主となります。

働く環境(クリーンな工場)

CAD・CAM室

設計やモデリング、加工プログラムなどをおこなうCAD・CAM室は、土足厳禁。
使用するパソコンのスペックは高く、高機能なソフトを使用。バージョンアップもきちんとおこない、ストレスなく作業を行えます。通信環境も整っているので、お客様とのデータのやり取りもスムーズです。

製造加工工場

本社、西工場とも整理整頓されたクリーンな環境です。CAD・CAMと同じく、より生産効率を高め、高度な加工をおこなえるように、最新の設備を導入しています。
検査機器も高機能な3次元測定器などを導入し、精度の高い製品を納入。お客様からの信頼を得ています。

environment-icon-03

高品質マネジメント

佐藤精密はISO9001、ISO14001を取得。ISO規格とは、国際的な取引をスムーズにするために、何らかの製品やサービスに関して「世界中で同じ品質、同じレベルのものを提供できるようにしましょう」という国際的な基準です。佐藤精密は品質方針、環境方針に基づいて、品質管理、持続的な環境改善を推進しています。

「なかのひと」に聞きました

【製造課】

入社16年目 放電加工担当

environment_img_15

正解がない分、工夫のしがいがある仕事です

普段の仕事の内容を教えて下さい。
金型の加工の中でも「放電加工」を担当しています。ワイヤー放電加工機という機械を使って、金型を削ったり、穴を開けたりします。
佐藤精密に入社したきっかけはなんですか?
高校で進路を決める時に、先生から勧められて、同じ高校出身の先輩も佐藤精密で働いていたこともあって、入社しました。
入社してみてどうでしたか?
高校生から社会人になって一気に環境が変わったので、正直なところ、慣れるまでは、学生と社会人とのギャップが大きかったです。それまでは自分とちがう世代の方と話をするということもあまりないような環境だったので、最初は戸惑いましたが、先輩社員に質問をしにくいということはなく、すぐに教えてくれました。
入社した時は手仕上げなどをおこなう部署に9年ぐらい配属されましたので、いまでも自分の担当の作業が終わって時間があったら、磨きなどの仕上げ作業を手伝っています。忙しいけれども、みんなで助けあっています。
入社時は戸惑っていた笠野さんも今は教える立場ですね。教える立場として心がけていることはありますか?
自分の経験から、分からなくて悩んで止まっているよりは、すぐに訊いてもらえるように心がけています。最初は一緒に作業に付き合って、だんだん1人でやれるようになったらまかせていきますが、ちゃんと見守って、止まってるなと思ったら自分からも声をかけるようにしています。
仕事でやりがいを感じるのはどんなときですか?
毎回同じことをやるのではなく、加工するモノを見て、前回はこうやったけれど、今回はこうしてみようと、作業を効率的に早くこなせるように工夫しています。モノづくりは、これだという正解がなく、工夫しがいがあります。
佐藤精密で働くには、どんな人がむいていると思いますか?
モノづくりが好きな人だと思います。
休日はどんな風に過ごしていますか?
家族がいるので、子どもと過ごす時間を大切にしています。

【製造課】

入社4年目 放電加工担当

environment_img_16

作業に集中している静かな時間が好きです

普段の仕事の内容を教えて下さい。
「放電加工」を担当しています。金型を削ったり、穴を開けたりします。重いものを持ったりもするので、少し体力が必要な部署です。
佐藤精密に入社したきっかけはなんですか?
高校の会社見学で佐藤精密に来ました。黙々と作業をしている静かな雰囲気がいいなと思いました。
子どもの頃から図工などモノを作ることが好きで、そういう子どもの頃にモノづくりに集中していた時の感覚と似ていると感じました。また、その時に社員の方が親切に接してくれました。
仕事で楽しいと感じる時、また、大変だなと思う時はどんなときですか?
新しい機械がはいると、どんな風に動くのかなと楽しみになります。逆に思い通りに機械が動いてくれない時もまだあります。でも、機械のことでわからないことは笠野さんに質問すると色々と教えてもらえます。話しやすい雰囲気で、仕事以外のことも聞いてもらったりします。
重いものを運ぶこともあるので、体力が必要なこともありますが、みんな優しくて協力しあえるので、女性でも作業に困ることはありません。
今後、仕事でレベルアップしたいこと、目標などはありますか?
効率よく早く作業をおこなえるようになりたいです。機械を使いこなして、うまくいったなと感じた時は、とてもうれしいです。
佐藤精密で働くには、どんな人がむいていると思いますか?
前向きに努力できる人です。
休日はどんな風に過ごしていますか?
インドア派なので、ネットを見たり、ゲームをして静かに過ごすことが多いです。

【設計課】

入社3年目 設計担当

車好きな自分が関わった部品が新型車に使われています

普段の仕事の内容を教えて下さい。
設計課で、パソコンで図面を制作しています。金型の図面以外にも、金型に使用する部品の設計も行ない、発注した部品の受け入れ検査も行ないます。
佐藤精密に入社したきっかけはなんですか?
大学はIT系だったので分野が異なっているのですが、地元で就職したいと考えて就職活動をしました。自動車が好きなので、車に関する製造業に興味を持ち、おもしろそうだなと感じて入社しました。
入社してみてどうでしたか?
大学で学んでいたこととは異なる分野なので、実地で学びました。わからないことは上司にすぐに質問して、自分の知識や経験を広げています。
仕事で楽しさを感じるのはどんなときですか?
自分が設計した金型から生まれてきた部品が実際の製品に使われた時です。自動車のハンドルには、フレームといって中心の骨格部分の部品があるのですが、自分が設計した金型を使ったハンドルが新型車に使われて、やはり、うれしかったです。
佐藤精密で働くには、どんな人がむいていると思いますか?
設計はコンマ1ミリの違いをていねいに見ていく必要があるので、細かいことに気がつく緻密な性格の人がむいていると思います。
休日はどんな風に過ごしていますか?
自動車が好きなので、友人とドライブによく出かけます。

【設計課】

入社3年目 設計担当

初めて自分が設計した部品が実際に役立っているところを見て感動しました

普段の仕事の内容を教えて下さい。
金型の設計をおこなっています。お客様から2次元の図面をいただいて、3D CADで3次元におこし、図面を作成します。そして、設計を基に加工を依頼します。
佐藤精密に入社したきっかけはなんですか?
高校の実習でCADを使ったことがあって、CADの仕事をしたいと思いました。高校の先生からの紹介で入社し、実際にCADを使う仕事に就けました。
入社してみてどうでしたか?
最初は難しく感じました。わからないことはすぐに上司に質問してと言われましたが、最初はなかなか聞けなかったです。1個1個、金型の知識を覚えて、上司にも質問できるようになり、部分部分で何のためのものか、何でここに取り付けるのかといったことを教えてもらいました。
仕事でうれしかった出来事はありますか?
自分が設計したものが実際に動くところを見た時は感動しました。小さな部品ですが、実際に使われて役に立っているのがうれしかったです。
仕事でやりがいを感じる時はどんなときですか?
責任のある仕事でも早めにまかせてもらえるのでやりがいがあります。毎回設計の内容が違うので、工夫する楽しさもあります。
休日はどんな風に過ごしていますか?
友だちと過ごすことが多いです。